パソコンの眼精疲労

パソコンは目を疲れさせる。軽減させるポイントとは?

パソコンは、テレビよりも目を疲れさせるといわれるほど
目の健康に影響を及ぼします。

 

目のためには、1時間パソコンを見たら10分間休憩するのが理想です。

目の休憩が出来ない方へ

しかし、オフィスでは一日中パソコンの前に座って、
家に帰ってからもずっとパソコンという方が多いのではないでしょうか。

 

少しでも目の疲れを軽減するために
ブルーライトをカットできるメガネが登場したり
パソコンの画面に貼るフィルムが登場しています。

 

パソコンの画像が明るくなった分、目が疲れてしまいます。
ディスプレイからなるべく目を離して、少し見下ろすぐらいの位置から見ましょう。